生活

僕が平成最後の日に思うこと

どうも!きゃべつです。

今日で平成が終わり

明日から令和になります。

西暦から見れば

「いつもと同じように日付が変わるだけ」で、

僕はこの記事↓に

ゴールデンボンバー「令和」の歌詞の意味について何の知識もない僕が考えてみたどうも!きゃべつです。 新元号「令和」が4/1に発表されましたね。 https://cabbageblog.com/newgengo...

“僕は元号が変わることに対して

「ただ呼び名がかわるだけ」と

特別深い感情は抱いていません。”

書きましたが、

やはり

いざ平成が終わるとなると

色々と思うことがあります

この記事では、

そんな僕が時代と人生について思うことを書きます。

平成に思うこと

僕は平成14年生まれで、

平成という時代を半分ほど生きてきました

半分しか生きていませんが、

とても良い時代であったと思います。

日本では戦争がなかったですし、

様々なものの発展、

特にインターネットの発達や、

スマートフォンの登場により

とても便利で豊かになったと思います。

他にも、

僕が全然知らないことは

沢山ありますが

僕はこの時代に生まれ、

生きていることができて

心から幸せです。

笑顔で新しい時代「令和」を迎えられる

僕は昭和を経験していないのでわかりませんが、

昭和から平成に変わるときは

明るい雰囲気ではなかったといいます。

確かに、天皇がなくなられて

次の時代になるわけですから

分かる気がします

今回は特例で天皇が退位されて

新元号になりますし、

なんだか

世の中がお祭りムードですよね。

皆それぞれ思い思いに

平成最後を楽しんでいます。

ハッピーでいいですね!

今ここに、確かに僕は生きている

僕は「渋谷のパリピ」

の人達のようにフィーバーしておらず、

平成最後の日を

いつもと変わらず生活しています。

ですが、

ブログを書く

ことで、僕は平成という時代を生きてきた、

今ここに生きている

証拠をここに記すことができています。

それがなんだか特別な気がして

不思議な気持ちになっています。

そして、

僕は平成最後の今日まで、誰かから

今までで後悔していることあるか?

と聞かれたら、

ハッキリと

ない

断言できます

「あの時こうしていれば」

今思ったところで何も変わりませんし、

様々な経験の積み重ね今の僕があり、

とても幸せな日々を送っているので

僕は最高の気分

「令和」に突入できます。

まとめ

令和になってもならなくても、(?)

何であろうと

平和に楽しく幸せに過ごしたいですね!!

僕はこれからも自分らしく、

僕の人生を生きます

令和生まれの人

「平成生まれダサッ!」

とか言われないように頑張ります。

そして、

いつもこのブログを読んでくれている方、

ありがとうございます。

関連記事