勉強&学校

最高の卒業式だった

どうも!きゃべつです。

先日、高校の卒業式がありました。新型コロナウイルスの影響で中止になるかと心配でしたが、無事行われて嬉しいです。

僕のプロフィールなどはこちら

そして、納得できるものでした。

僕は小学校の卒業式は出席せず、中学校は参加したけれど満足できずで。

初めて、素直に自分自身を祝福できた気がします。

3年の間に僕は変わり、成長できました。

一人で電車に乗れるようになった、メガネをコンタクトレンズに変えた、一人で美容室に行けた、たくさんの小さなことの積み重ねで、僕は変わりました。

挑戦してきたことは山ほどありますが、一番は、友達のおかげです。僕は高校生にして人生で初めて、友達ができました。

気の合う仲間と時をともにするのはとても楽しいですし、自分でも知らなかった自分を知ることができます。

僕は一人ではここまでこられなかったはず。

入学当初の僕は、友達と予備校の説明会に参加することになるとは想像もつかなかったでしょうね。

僕の高校は、通信制+サポート校の形式をとっているところで、いろいろな事情がある人が集まっています。個性の塊みたいな人もいれば、没個性のような人まで様々。

その中には一見するとただのヤンキーみたいな人もいて、僕は入学当初ビビっていました。ですが、現在彼とは普通に話せて、LINEも交換しています。多様性を学べましたね。

それらを全て受け入れてくれる学校だったからこそだと思います。

僕は小学校で不登校になり、中学は家で過ごし、高校は通信制という、世間一般でいう『普通』とは違いますが、今までの人生に後悔はありません。それらがあってこその今の僕があります。

強がりでもなんでもなく、運が良かったと思っています。早いうちから自分自身の性格に気がつくことができ、いろいろな失敗をして、幅広い考え方を持つことができた。

そして、どんなときでも自分らしく。次に向かって進んでいきます。

きゃべつ
大学受験の浪人生。 筋肉は一生の相棒!