ゲーム

僕はマリオカートの『レインボーロード』が大好きだ

どうも!初めて遊んだゲームが「マリオカートWii」だったきゃべつです。

確か小学校3年の頃でしたが、今でも初めてプレイしたあの時の衝撃と感動はよく覚えています。「世の中にはこんなに面白いものがあったのか…!」と。

毎朝6:40に起きて、Wiiをセットして(なぜか毎回全て片付けていた)、Wiiリモコンを手に持って、ハンドル操作で遊ぶ。ほぼ毎回12位でしたけど、ものすごく楽しかったですね。

さて、そんなマリオカートですが、数あるコース中に『ド』というものがあります。

僕はそれが大好きなので、この記事で紹介します。

素晴らしい音楽

家庭用マリオカートシリーズには現在(記事執筆時)9作品があり、レインボーロードは全シリーズに存在しています。

シリーズごとに内容が全く違うものとなっていますが、全てに共通して言えるのは、『音楽が素晴らしい』ということです。

上の動画は「マリオカート64」の曲ですが、宇宙の壮大さを感じ、そしてどこか物悲しい雰囲気、そんな感じがして、僕はものすごく好きな曲です。

これがまた、ネオン輝くコースの雰囲気に絶妙にマッチしているんですよ。

作曲者は永田権太さんという方らしいですが、お見事ですね、これは。

ちなみに、部屋を暗くしてこの曲をかけながら、家庭用プラネタリウムをつけてアロマを焚くと、最高にリラックスできるのでおすすめです。そこで想像力を膨らませると、本当に宇宙にいるような感覚さえ味わえます。

他にも、「マリオカートダブルダッシュ」のレインボーロードBGMは名曲として名高いですね。↓

先程64の曲をベースにしてアレンジされた曲ですが、64とは対照的に元気な感じがします。

DSも素敵ですね。全部最高!

特に、上の動画では37秒あたりに胸を打たれます。

アレンジして演奏している人もいますね。

めちゃくちゃカッコよくないですかこれ。一番最高なのが、7:22あたりからで、メドレーのラストスパートに向かって64レインボーロードが演奏されます。

どんどん気持ちが昂っていき、感動に包まれます。8:21からのメインとなる部分、まるで夜空から大量の輝く星が降ってきているよう。本当に素敵です。初めて聞いたとき目から水が出てきました。

コース内容

ゲームにとって曲は大事な要素ですが、遊ぶ舞台がなければ始まりません。

マリオカートのコースには平野、サーキット、山、空、海、といったフィールドがありますが、レインボーロードは大体のシリーズを通して『宇宙、街の上空』といったところで、宙に浮かんでいる虹の道を走ります。

コースの雰囲気という面では、僕は64が一番好きですね。

黒の背景に煌く星、そこに現れるキャラクターの顔の花火のようなネオンライト。そしてすごく長い虹色の道。

現在からするとお世辞にも綺麗とはいえないあのグラフィックに、趣があるんです。

まとめ

僕の死ぬまでに絶対やりたいことの一つに、「マリオカート64のレインボーロードを再現する」というものがあります。

どういうことかというと、そのままの意味で、自分でプログラムを組んで作り上げるということです。

UnityやUnreal Engineといったゲームエンジンを使えば比較的簡単にできそうですが、そうではなく、おそらくニンテンドー64で用いられてたであろうC言語を使ってやりたいと思っています。

数学、物理学的なものが非常に難しそうではありますが、そこを含め全て自分で一からやるからこそ夢があるんですよ。完成は何年後になることやら。

さて、次回のマリオカート、そしてレインボーロードはどんなものなのでしょうか。期待大!

この記事がレインボーロードファンを増やしたり、さらにハマったりする人のキッカケになればうれしいです。