IT/ガジェット

[解決方法]Final Cut Proのプロジェクトデータが消えたと思ったけどあった話

記事最初の見出しで問題が発生する条件を、次の見出しで解決方法を紹介します。

前提条件

Final Cut Pro(以下FCP)で動画を作る際、「プロジェクトファイル」が生成されますよね。↓こんなやつです。

そしてFCPプロジェクトの保存方法には2通りあって、

  • ライブラリストレージの場所にコピー
  • ファイルをそのままにする

で、僕は後者の設定を使っています。動画の素材ファイルたちは1箇所だけに保存しておきたいので。

そして動画を書き出しYouTubeに投稿したら、その動画はmacストレージから削除し、FCPプロジェクトファイルと素材たちを1つのフォルダに入れてiCloudに保存しています。↓

書き出した動画をとっておいてもいいかと思ったのですが、なんだかんだストレージを食うのでやめることにしました。外部ストレージも検討しましたが、メリットを感じなかったでそちらもやめました。

ちなみにバックグラウンドレンダリングをオンにしている場合、僕の行っている保存方法はおすすめしません。プロジェクトファイルが無駄に大きくなりストレージがえぐいほど持っていかれます笑

[解決方法]プロジェクトが消えている問題

iCloudにとっておいたFCPのプロジェクトファイルを開いてみたら、なんと苦労して作った編集データが消えていたんですね!(実際は消えているように見えるだけです)↓

しかし、左にあるタブからいろいろと選択し、「プロジェクトを開く」ことで、 ↓

無事にありました!↓

ちなみにプロジェクトファイルはiCloudにおいている状態では開くことができないので、mac内蔵ストレージに移してから操作しています。

最後に

データが消えていたわけではなくてよかったです。

すごく単純なミスであっても、驚いてしまうようなものが起こるのがPC関連のわかりづらいところですね。macやそれ関連のアプリは結構シンプルなものではあると思うのですが、今回はかなり焦りました笑

ちなみにこの記事で出てきた「64Rainbow_inRain」の完成形は以下の動画です。ぜひ聴いていってください〜

きゃべつ
2002年生まれ,男性,HSS型HSP プロフィール詳細はアイコンよりd( ̄  ̄)
\ Follow me /