勉強&学校

[受験英単語暗記]つまらないものは、つまらない

どうも!大学受験生な、きゃべつです。

僕は一つ言いたいことがあります。

「英単語覚えるのクソつまんねぇ!!」

学生お決まりのセリフですね。

ですが、現在の日本の大学受験制度においては、英単語や熟語を覚えるのは必須、合格を掴み取るためには嫌でもやらないといけません。

この記事では、

  • 英単語をやる必要性、そしてつまらんものはつまらん

ということをただ語ります。

「英単語覚えるの楽しすぎる!最高!!」という最強な人には何の意味もない記事となっております( ̄▽ ̄)

英単語を覚える必要性とメリットとデメリット

そもそも、何のために英単語や熟語を覚えるのでしょうか。

それは

  • 試験でなるべく高得点をとるため

ということだと思います。(受験生にとって)

覚えれば覚えた分だけ点数が取れますし、精度も安定してきます。仕組みとしては単純ですよね。

「試験で点数を稼ぐ」観点からいうと、

  • 比較的簡単に覚えられる

ということがメリットだと思います。

デメリットとしては、

  • 覚えるのに時間がかかる
  • 面白くない

ということがありますね。まるで修行しているよう。もしかしたら、僕が良い方法に出会えていないだけかもしれませんが。

ちなみに僕はこんな英単語学習歴があり、(大学受験に向けて)

  1. mikan(スマホアプリ)
  2. 英単語Stock4500
  3. 東大英単語熟語鉄壁

いろいろ試してきましたが、鉄壁に落ち着きました。かなりボリューミーなものですが、熟語も一緒に覚えられるので便利です。

ですが、まあ、どれも結局おもしろくないわけです。

つまらないものは、つまらない

僕は、「どうやったら英単語を楽しく覚えられるだろう」と思って、いろいろなことを調べたり、試してみたりしました。

  • 英語ペラペラな自分を想像する
  • 英語の本がスラスラ読めるようになる期待感を抱く
  • 目標を立てる
  • 「楽しもう!」と思いながらやる

どれも全くおもしろくありませんでした。僕は気がつきました。「つまらないものは、つまらない」と。まあ、当たり前っちゃ当たり前ですけど。

「ゲーム楽しい!読書楽しい!リングフィットアドベンチャー楽しい!数学まあまあ楽しい!英単語クソつまんねぇ!!

僕はこんなんですけど、「英単語覚えるの楽しすぎ!」という人ももちろんいるでしょう。

どんなものでも向き不向きはあります。なので僕みたいに英単語を覚えるに楽しさを見出せない人は、気合でやるしかありません。僕は根性論は嫌いですが、これはどうしようもない( ^ω^ )( ^ω^ )( ^ω^ )

「外国語なんてどうせ数十年以内に精度完璧の自動翻訳機が登場すると思うのになんで覚えないといけないんだあぁぁぁ!」とか、言いたいことはいろいろありますけど、今の大学入試制度において設けられているものなのでやるしかないですね。

まとめ

いかかでしたでしょうか。共感してくれた人がいたら、嬉しいです。

今の日本の受験システムにおいて、英語は外せないものです。嫌でも、やるしかないですね。

僕も頑張ります!(多分)