ライフハック

ほぼ全ての紙の本を売ってKindle Paperwhiteにしてみたらすごく快適だった

本を読むのが好きな人にとって、現代は

  • 紙の本にするか、電子書籍にするか

という問題があると思います。なんかそもそも「紙の本」という表現も面白いですね。電子書籍の普及以前はこういった言い方はなかったのではないかと思います。

僕の趣味の一つに読書があるのですが、断然紙の本派でした。そう、Kindleの魅力を知るまでは…

ちょうど2年前の↓の記事に僕は

ちなみに僕は圧倒的に紙の本が好きです。電子版を10冊ほど買ったことがありますが、全て紙で買い直し、電子版は削除したことがあります。

紙の本と電子書籍の比較[どちらがよいか]電子書籍の登場により手軽な読書体験が可能となりましたが、選択肢が増えた分、悩むことも増えました。 小説は電子版、図鑑は紙、のように使い...

と書いていますが、この記事を書いている今は全く逆のことを思っています(笑)

電子書籍最高!

なぜ電子書籍(僕が使っているのはKindle Paper white 第10世代)は素晴らしいのか、そしてなぜ僕は2年間の時を経て真逆のことを言っているのかを紹介します。

↑これが僕が使っているものですが、画面が大きくなりページ送りなどのスピードが速くなった新モデルも登場したようです↓

「電子書籍」と言っていますが、僕が使っているのはAmazon社の電子書籍リーダー(端末)である「Kindle Paperwhite(第10世代,広告なしモデル)」です。その他のものには当てはまらない可能性がありますのでご了承ください。

電子書籍の圧倒的メリット

ほぼ無限に本を持てる

まずなんといってもこれです。

圧倒的資金力や広大な土地を所有している人には全く関係のない話かもしれませんが、残念ながらそれは今の僕には無理でした。

紙の本がメインだったときはいつも本棚の容量を気にしていて、ストレスでした。しかし!電子書籍にしてからはそんなストレスとは完全におさらばできました。これは思っているより素晴らしい体験です。

全てが1台に収まり、どこにでも持っていける

いくらお金がある人でも、いつでもどこにでも大量の紙の本を持っていくというのはほぼ無理でしょう。

これはまさに電子書籍の圧倒的利点です。

Kindleが通学(大学)の相棒となる前の僕は、毎朝家を出る前にどの本(紙)を持っていこうか考え、そして分厚くて重いそれをカバンに入れていました。しかし!Kindleにしたことで、

  • 全ての本が入っているので選ぶ、迷うという概念、そしてその時間が消えた
  • 重さや分厚さで悩むことがなくなった

という、時間と体力、そして精神的な余裕までも手に入れました。

これは一切の誇張はなく、まさに僕が感じていることです。

ちなみに「デジタルデバイスだとブルーライトが、、、」と思っている人もいるかもしれませんが、Kindle Paperwhiteをはじめとする電子書籍リーダーは、「E-inkディスプレイ」というスマホやPCとは全く違うものを搭載しているので、問題ないです。

実際僕は寝る前にKindle Paperwhiteで本を読みますが、寝付きへの影響は全く感じていません。

※Kindle端末シリーズには「Fire」シリーズがありますが、これはE-inkディスプレイではないのでご注意ください。

Kindleのデメリット

これは僕が使っているKinde Paperwhiteのデメリットなのですが、

アップデートでたまに仕様が変わる

これはメリットととるかデメリットととるかですが、インターネットに接続するデバイスである以上、たまにソフトウェアアップデートが発生します。それによって使い勝手が変わってしまうんですね。

やや気が散る(あまり問題ない)

ブラウザ機能やストアが搭載されていて、純粋に「本を読む」以外のことができます。これは人によってはメリットなのかもしれませんが、僕にとってはデメリットでしかないです。

ただその本にだけ集中したいので、Amazonさんにはぜひ機能の削ぎ落としを行っていただきたいです。

一応ブラウザやストア機能に保護者制限をかけて無効にすることができるので、僕は自分で制限をかけています。(こうすることで読書に集中できる)

所有欲は満たされない(しかし慣れるので問題ない)

紙の本が本棚にずら〜っと並んでいるのは圧巻ですし、それだけでワクワクします。

電子書籍にはそれがありません。しかしKindleの場合はホーム画面に本の表紙が並んで表示されるので、楽しかったりします。

今まで僕が紙の本派だった大きな理由としてこのコレクション欲があったのですが、一度紙の本を手放してみると、その気持ちはなくなりました。また、Kindleの圧倒的利点により、もはや紙の本を買おうとはあまり思いません。

充電の手間がある

バッテリーを搭載したデジタルデバイスなので充電する必要があります。しかしスマホのように数日あるいは毎日ではなく、数週間に充電するだけなので、ストレスはないです。

ですが、バッテリー持続時間は長ければ長いほど快適なので、現在の機種と同じかそれより軽い本体質量でバッテリーが長く持つデバイスが登場したら最高です。

100冊強の紙の本をブックオフで全て売った

Kindleの魅力にとりつかれた僕は、持っていた100冊強の本を全てブックオフで売りました。メルカリなどで売ることも考えましたが、面倒なので使いませんでした。

3万数千円ほどで売れました。これではとても全ての本をKindleで買い直せる金額ではないので、ちょびちょび買っていきます。また、この売却を通して、本当に欲しい本がわかるというおまけ効果もありました。

ちなみにこの記事はブックオフの案件でもなんでもないです。買取に当たって色々なサイトを見て比較しましたが、面倒になったので昔からよく知っているブックオフにしました。

ミニマリズムに目覚めた

なぜ僕が電子書籍を激推しし始めたかというと、ミニマリズムに感化されたからです。

「ミニマリスト」「ものを持たない暮らし」などといった言葉を最近聞いたという人も多いのではないかと思います。それです。このミニマリストの定義は人それぞれだと思いますが、僕は

  • 自分のとって大切なものだけで生活する

ということだと思っています。

このミニマリズムが本当にすごいもので、僕は心がすっと軽くなりました。物理的にものが減ったので身軽になったのはもちろんですが、精神的な重しのようなものがなくなったというか、人生全体の幸福度が上昇しました。こう書くとスピリチュアル的な雰囲気がありますが、全くそんなことないです。僕はスピリチュアルを信じないタイプです。あ、ちなみに宇宙人はいるんじゃないかと思っています。

話が逸れましたが、本当にそうなんですね。人生に行き詰まりを感じている人は、一度は試してみる価値が大いにあると僕は思います。

そもそも僕がこのミニマリズムに出会ったのは、本がきっかけです。それからいくつかのミニマリズム本を読んできましたが、おすすめはこの2冊です。

中田さんの動画も個人的に好きです。↓

最後に

いや、本当になぜ今まで電子書籍を謎に遠ざけてきたのか、という感じです。

圧倒的メリットがあります。「電子書籍など本ではない!そんなものは認めん!」という人以外は、1度使ってみると人生が変わるといっても過言ではないです。

きゃべつ
2002年生まれ。男性。文系学部の大学1年生。 ENTJでHSS型HSPな性格をしています。 趣味はゲームと読書とギター。筋トレ信者です。 詳細はプロフィールアイコンより!
\ Follow me /