何かの役に立つかもしれない雑記サイト

  1. メンタルヘルス
  2. 282 view

[離人症体験談]僕は自分が生きているのか死んでいるのかわからなかった/対処法も紹介

どうも!きゃべつです。

人生、楽しいですか。やりたいこと、できてますか。

最近ふと思い出したことなんですが、僕は昔「離人症」というものになっていました。「現実感消失症」とも言うらしいですが、「そんなの聞いたことないよ!」という人がほとんどではないでしょうか。

この記事では、

  • 僕の経験を踏まえつつ、離人症とはどういうものなのか

ということを書きます。ちなみに、今は離人症は治ってます(*゚▽゚*)

離人症とはいったい

離人症(りじんしょう、英: Depersonalization)とは、自分が自分の心や体から離れていったり、また自分が自身の観察者になるような状態を感じること。その被験者は自分が変化し、世界があいまいになり、現実感を喪失し、その意味合いを失ったと感じる。

引用元:Wikipedia

  • ストレスが原因の精神的なもの

ですね。過度な強いストレスを感じると、体が身を守る手段として現実感の喪失を起こします。

でも、「現実感の喪失」って言われてもわかんないですよね?なかなか理解しがたいものだと思います。僕もそれでなかなか理解されなくて苦しみました。なので、僕におこっていた症状を詳しく紹介します。

僕に起こっていた症状

一口に離人症といっても、現れる症状は人それぞれで、僕は複数現れたので紹介していきます。

自分の体が自分のものじゃない感じ

自分の手を見ても、「これってなんなんだろう」「本当に自分の手なんだろうか」と思っていました。

手だけに限らず、頭から足まで、鏡に映った自分の顔を見ながら、手で触って「これ本当に自分だよね」と確認したりしていました。

僕も今だから言えますが、なんでもない人から見れば「これは自分の体なのだろうか」なんて人生で思うことは多分ないと思います。

でも、これは本当に僕が体験したことで、とてもつらかったです。

生きているのか死んでいるのかわからない

起きているのか寝ているのかわからない、簡単に言うと現実と夢の区別がわからないような現象が起きていました。

視界にもやがかかっている、ガラス越しに世界をみている、表現するとそんな感じになります。

ですが、普通に行動することができます。問題のある言動をするわけでもないし、外から見て「この人離人症だ」なんてわかりません。

普通に行動することはできるのに、どこか現実感だけがないんです。

なんでしょうね。楽しいことをやっても楽しいって思えなかったり。

よく曲の歌詞に「君がいない世界は暗い」

といったのがありますが、好きな人に会えないストレスがすごすぎて離人感があると解釈することもできますね。ちがうか。

自分の心と体が分離している

自分自身を客観視している感覚とでもいうのでしょうか。

3Dゲームなどでは、キャラクターの全体を見ながら操作するのがありますよね。

そんな感じで、世界を自分の目で見ているのではなく、自分自身を別の視点から見ている感じがするんですね。

  • 自分の体と心で自分の人生をおくる

ではなく、

  • 誰かの人生を後ろから見ている

感覚です。

これはめちゃくちゃつらいというか、もはや意味がわかんないんですね。生きてるか死んでるかわかんないし、そもそも自分ってなんなのかわかんないし。

僕の離人症が治った経緯

離人感が現れた当初は、「離人症」なんていうものがあるのを知らず、睡眠不足を疑いたくさん寝てみたり、

当時僕はメガネをかけていたのですが、レンズを通しているからぼやけているのかと思いコンタクトレンズにしてみたり。

参考:歴2年が語る「コンタクトレンズを使うメリットとデメリットとメガネとの比較」

ですが、何をやっても変わらなかったので「これが当たり前なのではないか」と思ってしまう危ない状態になったりもしました。

そしてある時、本当になんでもない時に、「フッ」と霧が晴れたように視界が鮮明になり、僕は現実へと引き戻されました。

自分の手や顔を見て、「これは自分だ!!」って思えて、とてつもなく感動しました。「世の中はこんなにも明るかったのか」「これは自分だったんだ」と。

めちゃくちゃ感動したと同時に、「今までの自分ってなんだったんだろう」と思いました。でも、記憶とかは普通に残っています。

そして、なぜ治ったのかと今考えてみると、ストレスが原因のものなので、それらから解放されたことですね。

高校で色々なことを経験して「自分は自分でいいんだ」と思えたり、安心して過ごしていく中で体が「大丈夫だ」ってなったんだと思います。

ここまでくるのにめちゃくちゃ時間かかりましたけどね。

「離人症かもしれない」っていう人に伝えたいこと

僕の体験談はこのへんにして、「今離人症かもしれなくてつらい」という人に向けて、僕から何かしら言おうと思います。

離人症治療を行なっている病院もありますし、カウンセラーの人に気持ちを聞いてもらうことで少しは楽になれると思います。

僕の場合はいくら医療者の人とはいえ、個人的なことを打ち明けたくなかったので病院などには行かず、そして「いつか絶対治してやる」と強い気持ちをもっていました。

とにかく、

  • 「自分は大丈夫だ」という意識を持つ
  • ストレスを減らす
  • 安心できる人、環境を見つける

これらを徹底すれば、必ず本当の自分が見つかります。時間はかかると思いますが、僕は「安心していいよ」と言いたいです。

まとめ

ここまで、僕におこっていた症状などを書いてきましたが、離人症になったことがない人はおそらく理解できないかと、僕は思います。

僕は今、あの時の感覚は思い出すことができないですし、二度と体験したくありません。

「それほどつらいことなんだな」という認識を持って、離人症の人に優しくしくれれば、うれしく思います。

メンタルヘルスの最近記事

  1. 元ひきこもりが語る[健康にはやっぱり睡眠食事運動が大切]

  2. [離人症体験談]僕は自分が生きているのか死んでいるのかわからなかった/対処法も紹介

  3. [ストレス解消最強解決]家でどうしようもなくイライラするときはこれだ!

  4. 忙し過ぎると本来の自分を見失ってしまう[メンタル崩壊]

  5. 「誰からも嫌われない」というのは100%無理だし自分自身がつらくなる

関連記事

アーカイブ

PAGE TOP