メンタルヘルス

[離人症体験談]僕は生きているのか死んでいるのかわからなかった

人生、楽しいですか。やりたいことやってますか。

最近ふと思い出したことなんですが、僕は昔『離人症というものになっていました。

「現実感消失症」とも言うらしいこの症状、「聞いたことない!」という人がほとんどではないでしょうか。

この記事では、

  • 僕の経験を踏まえつつ、離人症とはどういうものなのか

ということを書きます。ちなみに今は治っています。( ✌︎’ω’)✌︎

※あくまでも一個人の体験談です。

離人症とは

離人症(りじんしょう、英: Depersonalization)とは、自分が自分の心や体から離れていったり、また自分が自身の観察者になるような状態を感じること。その被験者は自分が変化し、世界があいまいになり、現実感を喪失し、その意味合いを失ったと感じる。

引用元:Wikipedia

  • ストレスが原因の精神的な疾患

ですね。過度な強いストレスを感じると、体が身を守る手段として現実感の喪失を起こします。

ですが、「現実感の喪失」と言われても、分かりづらく理解し難いものだと思います。

僕も、自身に起きていた症状を専門家ではない人に話しても全く理解されず、苦しみました。

僕に起こっていた症状

一口に離人症といっても、現れる症状は人それぞれです。

この項では僕におこっていたものを紹介します。

自分の体が自分のものじゃない感じ

自分の手を見ても、「これってなんなんだろう」「本当に自分の手なんだろうか」と思っていました。

手だけに限らず、頭から足まで全身でしたね。

鏡に映った自分を見ながら、手で触って「これ本当に自分だよな」と確認することもしていました。

僕も今だから言えますが、なんでもない人から見れば意味不明ですよね。

生きているのか死んでいるのかわからない

起きているのか寝ているのかわからない、現実と夢の区別がわからないような現象が起きていました。

視界にもやがかかっている、ガラス越しに世界をみている、とでも言うんでしょうか。

自分も含め、全てに現実感がないんです。

自分の心と体が分離している

自分自身を客観視している感覚とでも言うのでしょうか。

3Dゲームには、操作するキャラクター全体を見ながら、いわゆる第三者視点でプレイするものがありますよね。

僕に現れていた症状もそんな感じで、世界を自分の目で見ているのではなく、自分自身を別の視点から見ている感じがしていました。

他の表し方だと、『誰かの人生を後ろから見ている』といった感じです。

人に話しても理解されなかった

僕の身におこっていた症状を紹介してきました。全てものすごく辛いもので二度と体験したくないことです。

そして、それと並行して苦しかったことは『人に話しても理解されない』ということでした。

なぜ理解されないか。それは、他者から見て「この人は離人症だ」なんてわからないからです。

僕の場合はですが、離人症になっていても外見上は全くもって健康な人と変わりがないんんですね。

例えば、切り傷などの外傷であれば誰がどう見ても「怪我している」とわかります。

離人症は、外見にはなんの変わりもなく、普通です。そんな人から「現実感がない」「生きている感じがしない」と言われても、専門家でない限りわかりません。

そもそも、僕が「離人症だ」と思っていたのは、自分の身発生していた症状を、ネット検索をしたら出てきた複数の医療機関サイトのものと完全に一致していたからです。なので、専門家がいる病院には行っていません。

僕の離人症が治った経緯

離人感が現れた当初は、『離人症』というものがあるのを知りませんでした。

「睡眠不足でぼーっとしているのかもしれない」と思いたくさん寝ることをしました。

それでも変わらず、当時僕はメガネをかけていたのですが、「レンズを通しているからぼやけているのか」と思いコンタクトレンズに変えることもしました。

ですが、これも変わらず。

何をやっても変わらなかったので、「これが当たり前なのではないか」と思ってしまう非常に危ない状態になったこともありました。

そんな僕でしたが、ある時、本当になんでもない時に、突然「フッ」と霧が晴れたように視界が鮮明になり、僕は急に現実へと引き戻されたんですね。

自分の手や顔を見て、「これは自分だ!!」って思えて、とてつもなく感動しました。

「世の中はこんなにも明るかったのか」「これは自分だったんだ」と。

心の底から感動したと同時に、「今までの自分ってなんだったんだろう」とも思いました。記憶がないわけではありません。

僕の離人症がなぜ治ったのか、今考えてみると、離人感はストレスが原因のものなのでそれらから解放されたことだと思います。

高校で色々なことを経験し、新しい世界を知って知識を得て、考え方も変わり。友達と遊んだり、楽しいことをしたりしているうちに、ストレスが徐々に薄らいでいったのだと思います。

あまり覚えていませんが、治るまでにおよそ2年ほどかかったと思います。ものすごく辛い日々でしたね。もう絶対にならねえ!!

離人感がある人に伝えたいこと

僕から「今離人症かもしれない」という人に向けて僕からのアドバイスとしては、

  • ストレスをなるべく減らす
  • 専門機関を受診する

ということがあります。

まず、ストレスが一番の原因なので、可能な限り全てのストレスを排除しましょう。やりたくないことをやめたり、無理をやめたり。不健康な生活もストレスの大きな原因です。

そして何より、専門機関を受診するのが最適な選択ではないかと思います。

僕は当時「医者でも個人的なことは教えたくない」という無駄な気持ちがあったので専門機関にはかかりませんでした。

ですが、今思えば離人症のことを一番理解していて患者の気持ちも聞いてくれるところ行くのが最速で治す方法だ、と考えます。

まとめ

この記事に目を通してくれた方の中には、「離人症なんて初めて聞いた」という人もいるでしょうし、「今実際離人症でつらい」という人もいるかと思います。

僕が離人症になっていた当時、体験談的なものがネット上にあまりなかったので、この記事を書いてみました。

何かの参考になれば嬉しく思います。

きゃべつ
2002年生まれ。男性。浪人生。(2020年現在) 趣味はゲームと読書。 このサイトは「バイトをせずにお金を稼ぐ」という理由で高校生のときに初め、その楽しさにハマり運営を続けています。 筋肉は一生の相棒! 詳細はプロフィールアイコンよりどうぞ。