メンタルヘルス

結局、自分が変わるしかない[元不登校が語る]

人は変えられませんが、自分はいくらでも変わることができます。

僕はおよそ小5〜中3の間、精神的に不安定だったので家で過ごしていました。プロフィール

現在は普通に生活できていて、今まではなんだったのかという程、自信に満ち溢れています。(たまにそうではない時もありますけどね)

そして、今の僕はひとりでここまできたわけではなく、いろいろな人の支えがあったからです。

ですが、ここまで来られたのは自分が自分だったからだと思っていて。

どんなにつらいことがあっても、最終的には自分でなんとかしなきゃなりません。

自分の人生は自分で決めるものだ

まず、大前提として、自分の人生は自分で決めましょう。

ブレない自分を、持ちましょう。

小学4年のころの僕は、「良い子」でした。常にきちんとして、親の言われた通りに。そういう時期なのかもしれませんが、僕はかなり気弱な人間で『自分』なんかないようなものでした。

すごく嫌だった塾も、無理して通っていました。

学校では軽くいじめられていたのですが、へらへらしているだけで何も言えず。

結果、メンタルを病んでひきこもりになります。

上の当時の僕は、親に言われたからやるし、反撃してこない「安全なやつだ」と思われていじめられる、自分の意見がない(言えない)人間で。要は『他人の人生』を生きていたということです。

言いたいこと、意見はしっかり主張しないと、相手には伝わらないんですよ。日本人に多くみられるという「察し」というものがありますが、誤解が生じる可能性がありますし、僕は嫌いです。

例えば、僕と同じ学生であれば、自分で進路を決めて必要に応じて勉強する。親に進路を決められて嫌々勉強するのは違うと僕は考えます。

批判をおそれるな

自分で好きなようにやっていれば、ごちゃごちゃ言ってくる人や批判してくる人は必ずでてきます。

例えば、僕はこのブログで様々なことを発信しています。僕の意見に共感する人もいるでしょうし、反対意見の人もいると思います。

ここで僕が、批判や攻撃を恐れて、ありきたりで平凡なことしか書かなかったらどうなるでしょうか。

批判を受ける可能性は限りなくゼロに近いでしょうが、面白みのないものとなるでしょう。

考え方を変えれば、批判を受けるということは、それだけ誰かにささる事を表現できているという事です。

 

誰からも好かれる生き方をすることは、できます。

ただ、本当にそれでいいのか。世の中、自分と合わない人は絶対に確実に100%存在します。全員と仲良くできるほうが気持ち悪いです。

https://cabbageblog.com/courage-to-be-disliked/

批判をおそれず、意見を主張できる強さを身に付けると生きやすくなります。

他人を変えることはできない

いじめをする奴は、クズです。断固として反対すべきです。そして、しっかり意見を伝えれば変わってくれるかもしれません。

ですが、いじめをする奴なんてのは悲しいかなたくさんいるわけで、そいつら全員に対応するのは限りなく不可能に近いです。

また、批判をしてくる人は、何をしていても確実にいます。そして、これまた全てに対応していると疲れます。

他にも、人の目を気にしてばかりだと、身動きがとれなくなって自滅します。

僕は昨年あたりまで、人の目を気にしている人間でした。「あの人はどう思っているのかな」「こんなことしたらどう感じるんだろう」そんなことばっかり。

これで良いことがあるはずはなく、ストレスが溜まっていくばかりです。

生きているかぎり、人間と関わらないことはできません。そして、他者を変えることもできません。

結局、自分で行動し、自分を変えていくしかないんです。

どうしたら自分を変えられるか

では、自分を変えるため、強くなるためにはどうしたらよいのでしょうか。

僕は、ダイエット名目で初めた筋トレが、弱い自分を強くしてくれることに気がつき、継続しています。筋トレは本当におすすめです。

ひきこもりデブを脱した高校生が筋トレの最強さについて語る生きていれば、楽しいこともあればつらいこともあります。 なんかわからんけどとにかくイライラする やる気がない なんことや、 自分に...

他には、知識をつけてみましょう。

視野が広がり、新しい考えができるようになると、今まで悩んでいたことがアホらしく思えてくることすらあります。

そういうことを僕は何度も経験してきました。

知識をつけるには、読書が手っ取り早くてコスパ抜群なのでお勧めします。

最後の一つは、『ほんの少しの勇気を持ってみる』ということです。

できそうにないと感じることでも、とりあえずやってみる。以前はできなかったことにも、挑戦してみる。意外となんとかなるものです。

今まで断れなかったことを、断ってみたり、やりたかったけど、やれていないことをやったり。

そうしているうちに、今までとは違う思考ができるようになり、あらゆることが自信に繋がり、自己肯定感がどんどん高まっていきます。『自己肯定感』は、非常に重要です。

まとめ

  1. 筋トレをする
  2. 知識をつける
  3. ほんの少しの勇気を持つ
  4. 行動をつづける

こうすることで、そこには新しい自分がいます。確実に。

僕は今だからこそこんなことを言えますが、ここへたどり着くまではかなりの時間を要しました。

もし、「今の自分を変えたい」と思っている人は、すこしづつ変わっていけば、大丈夫です。大切なのは、無理をしないことですね。

確実に変われます。

もちろん、全てをいきなり自分でやることはできません。人に頼るところはしっかり頼りつつやっていきましょう。

きゃべつ
大学受験の浪人生。 筋肉は一生の相棒!