メンタルヘルス

「誰からも嫌われない」のは絶対に無理だし自分自身がつらくなるだけ

どうも!きゃべつです。

僕には引きこもりだった時期があり、そのころの僕は「誰からも嫌われたくない」「みんなと仲良くしたい」と思っていました。

しかし、成長した僕は気がつきました。そんなことは不可能だと。

僕の経験やわかったことを記事にします。

全員から好かれることはできる

知り合った人全員から良く思われることはできます。方法は簡単で、「相手が気持ち良くなれるように行動」すればいいだけだからです。『いい人』ってやつですね。

例えば、誰かが「こうしたい」と言っている。自分はそうしたくないが、嫌われるのが怖くて賛同する。顔にも出さない。笑顔で。こうすれば、絶対に嫌われることはありません。安心ですね。

でも、本当にそれで良いのでしょうか。これは「自分に嘘をついている」ということですよね。自分を自分自身で否定していることになります。

自分に嘘をついて楽しいですか?そんなわけ絶対にないですよね。強烈なストレスが乗っかってくるだけです。

自分を一番良くわかってくれるのは「自分自身」しかいません。そんなかけがえのない自分に嘘をついて否定をし続けていると、メンタルがボロボロになり、自分はなんなのかが分からなくなり、永遠に他人の人生を生きることとなります。

合う人合わない人がいて当たり前

世界は広いです。みんなそれぞれ個性があります。好みから生活環境、文化や育ちなど、何から何までまるっきり違います。

もし、会った人全員と息が合うなんてことがあれば、怖くないですか?みんな自分と同じってことじゃないですか。「あ、この人自分と合わないな」ということがあれば、関わらないようにすれば良いと僕は思います。

こういうことを言うと、「他人を嫌いになっちゃいけないんじゃないか」「嫌なあいつにもきっと良いところがあるはず」と思う、とても優しい人もいるはずです。事実、昔の僕はそうでした。それでいいならいいです。ですが、それって自分に嘘をついているということになりますし、めちゃくちゃストレスがたまりませんか?

「嫌いなのは嫌い!関わらない!」それでおっけーです。

理想論はやめて、現実を見ましょう。

自分が一緒にいたい人とだけいればいい

無理して、嫌いな人、関わりたくない人と一緒にいて、楽しいですか。

全員と仲良くするよりも、「心を許せる大切な人」とだけいた方が、幸せだと僕は思います。

「みんなと仲良くしないといけない気がする」という人もいると思いますが、とても優しい人だと思います。でも、そこまで人のことばっかり考えていると疲れるだけですよね。一緒に居たい人とだけいる。それでいいじゃないですか。

「苦手な人と一緒にいることで成長できる」ということを言う人もいます、確かに一理ありますが、それでストレスを溜めていたら意味がないのでやめましょう。

嫌われる勇気をもとう

「嫌われるのが怖い」と思う人の気持ちは、良〜くわかります。

ですが、いつまでもそんなことを言っていても、自分がつらいだけです。自分は自分がしたいようにいればそれでいいんです。嫌われたって、いいじゃないですか。どんな時でも、誰に対しても、「本当の自分」で接してあげるのが一番楽で、結果的にみんなハッピーになれると僕は思います。

そして、「心を許せる真の仲間」ができます。

今すぐに「勇気を持つ」ということはなかなか難しいことだと思いますが、日頃から「変えてやろう」と意識していると、確実に変わってきます。今まではいなかった、「本当の自分」がそこにはいます。

僕も今こんな記事を書いていますが、まだまだ「勇気がたりないなぁ」と思う日々です。