勉強&学校

勉強に集中する方法

どうも!きゃべつです。

僕は現在1浪が確定している高3ですが、毎日勉強をしています。

勉強に取り組むのであれば、できる限り最小限の労力で効率よく取り組んでいきたいですよね。

この記事では、そんな僕がやっている勉強に集中する方法を紹介します。

部屋をキレイにする

僕は、部屋はいつも綺麗に保っています。

やりかけのものが出ている時には、次の作業に入る前に必ずそれをかたづけてからやるようにしています。

片付いていないものが視界に入ってしまうと、その瞬間意識がそれに向き、集中が途切れてしまうからですね。

『自分の好きなものしかない部屋』を作っています。これはミニマリストの考え方ですね。

空気を整える

部屋の温度や湿度も大切ですね。エアコンなどを使い最適な温度にし、空気清浄機で爽やかな空気に。

湿度が低い場合は加湿器も併用することで、快適空間が完成します。

使う道具を整える

空間、机でもそうですが、ペンケースの中身も見直してみると良いかもしれません。

全く使わないペンが入っていたり、本数が多すぎたり。

人間は選択肢が多いほど悩みます。勉強中に「どのペンを使おうか」と考えることで、継続していた集中力が途切れたり、無駄なエネルギーを使うことになります。

ちなみに、僕は筆記用具はボールペンのみ使っていた時がありました。ジェットストリームの3色セットのやつです。しかし、試験本番時に鉛筆の使い方を忘れていたら困るので、シャープペンも併用することにしました。

デジタルデバイスの設定を見直す

スマホの場合は電源を切ると一発ですが、重要な連絡が受け取れなかったり、スマホ依存気味の人は不安になり、かえって集中できなくなる可能性があります。

目に見えないところに保管するのも一つの手ですが、次使うときに戻すのが面倒なので僕はやっていません。

不要なアプリをアンインストールして、SNSアカウント等も確認し、通知の設定を見直して、スクリーンを下に向けて置いておくのが良いかと思います。

無音の環境にする

音楽を聴きながら勉強すると、脳が音楽の処理と勉強内容の処理の二つに別れてしまうため、効率が落ちるといいます。

カフェやレストランのような賑やかな場所もあまり適さないようです。

なので、なるべく無音の環境をつくると良いです。ノイズキャンセリングヘッドホンを使うのも一つの手ですね。

また、無音でなくても、雨や風などの自然音であれば、集中力アップが期待できるそうです。

雨のパラパラした音ってどこか神秘的で落ち着きますよね。

Rainy Moodという、雨の音をずっと流し続けてくれるサイトがあります。

これのスマホアプリ版があり、僕はたまに使っています。

運動をする

これは僕自身ものすごい効果を感じています。

科学的なデータなどは知りませんが、運動をすることで体が軽くなり、心も軽くスッキリします。

さらに筋トレであれば、有酸素運動に比べ、より前向きな気持ちになることを体感しています。

エアロバイクで30分間トレーニングしたときよりも、腕立て伏せを限界まで、およそ10分間やったときのほうが気分がよかったです。

受験生こそ筋トレをするのが最強である理由[メリットとデメリット]どうも!大学受験勉強真っ只中のきゃべつです。ずっと勉強していると何のためにやっているのかわからなくなりますね。 この記事ではタイトルにも...
きゃべつ
大学受験の浪人生。 筋肉は一生の相棒!