ライフハック

紙の本と電子書籍の比較[どちらがよいか]

どうも!きゃべつです。『紙の本』って、一昔前にはなかった表現ですね。

この記事ではタイトルにもあるように

  • 本を読むにあたって紙の本と電子書籍のどちらが良いのか

という話をします。

結論から言うと、「小説や参考書など、本の種類に応じて使い分けるのが良い」ということと、個人の好みですかね。

※この記事での電子書籍とは、AmazonのKindleサービスとその端末のようなものを指します。

まずはお互いの良いところを紹介していきます。

紙の本にしかないこと

僕は紙の本のほうが好きですね。

さっと読める

当たり前のことですが、本をひらけばすぐに読み始めることができます。読みたいページもパラパラとめくればすぐにたどり着けます。書き込みたいことがあれば、好きなように筆記が可能です。

電子書籍だと、電源をつける→ページをスクロールや検索で移動、というステップがあるので、毎回これを行なっていると煩わしくなってきます。メモを取ることも可能ですが、ここでもワンステップが必要になってきます。

一覧性

本の残りページ数などから「あとこれくらいあるんだ」と把握できますよね。分かりやすいだけでなく、読書体験の向上にも一役買っていると思います。

他にも、本棚に並べておくことでパッと読みたい本を見つけることができます。電子書籍でも本棚機能のようなものがありますが、画面スクロールが必要だったりします。

所有感

『本を持っている感』って、結構大切だと思うんです。読んでいるうちに手に馴染んできて、愛着が湧いたり。本棚に並べておくのも、常に持ち歩いたりしても楽しいですよね。

また、不要になった場合は売ることができるので次の本を買う足しにもなります。

電子書籍にしかないこと

圧倒的な携帯性

これが一番の利点だと思います。

本の大きさや重さを一切気にすることなく、端末のストレージ容量が許す限り好きなだけ本を買い、全てをいつでもどこでも読むことができます。

お気に入りの漫画を全シリーズ購入して持ち歩く、なんてこともできますね。

読みたい本がすぐ読める

読みたいものを見つけたら、その場で購入してダウンロードすればすぐに読み始めることができます。

紙の本だと、店舗に行く時間があったり、Amazonのお急ぎ便を使えば当日に届いたりしますが、電子版だとまさに一瞬です。

まとめ

いかかでしたでしょうか。どちらかを選ぶ際の指針として

  • 参考書など、ページをいったりきたりすることが多いのは紙の本
  • 小説や読み切りタイプのものは電子版

ということがいえますが、最終的にはやはり個人の好みだと思います。

ちなみに、電子書籍を使ったことがない人は一度試してみるとその便利さにハマるかもしれません。