ライフハック

「化粧水+乳液」と「オールインワンジェル」を男が比較

どうも!自称美意識高い系男子のきゃべつです。

男だからこそスキンケアが大事だと僕は思っていて、7ヶ月前から朝晩行っています。

今までは洗顔後に「化粧水+乳液」でケアしていたのですが、最近それの変わりに「オールインワンジェル」を使い始めたので、この2つを比較していきます。

結論からいうと、めちゃめちゃこだわる人でない限り、オールインワンジェルでOKですね。

ちなみに、使用していた化粧水は『ナチュリエ スキンコンディショナー(ハトムギ化粧水ってやつですね)』、乳液は無印良品の『乳液・敏感肌用・しっとりタイプ』で、オールインワンは無印良品の『敏感肌用オールインワン美容液ジェル』です。

化粧水+乳液のメリットとデメリット

一番のメリットは、「より細かいケアができる」ということですね。どんなことに対しても言えることですけど、オールラウンダーよりもそれぞれに特化しているものの方が、より細かい対応が可能じゃないですか。

例えばスマブラだったらマリオはオールラウンダーで、吹っ飛ばし力はふつうです。ガノンドロフは動きが遅いですけど、スマッシュ攻撃の吹っ飛ばし力はめちゃ強いですよね。そんな感じです。

僕は細かい成分の意味は把握していませんが、なんとなく個別の方が効果は高い、というのはわかりますし、実際、肌ツヤとハリはすごいです。まあ、年齢的なものと、筋トレも関係しているのかもしれません。

参考:筋トレ歴5か月の高校生が筋トレの最強さについて語る

他にも、気持ち的に「スキンケアしてるぜ!!」と感じることができることです。スキンケアの時間そのものが楽しい人は、最高なのでは?

さて、デメリットですが、やはり「手間が増える」ということだと思います。単純にそれを行う回数分時間がかかるので、スキンケアを楽しいと思える人でなければ、ストレスでしかないと思います。

また、「持ち物が増える」ということもデメリットと捉えることもできますね。数の分だけスペースを要しますし、ミニマルな生活にこだわりたい人には悩ましいことだと思います。

オールインワンジェルのメリットとデメリット

最大のメリットは何よりも、「手間の削減」ですね。化粧水と乳液、あの二つの作業がなくなるだけでずいぶん楽になり、その分の時間も有効活用できます。

オールインワンだから効果が薄い、なんてのは感じませんし、今のところ良いところしか感じないので、「デメリットはない」と言ってもよいのでは、と思います。

僕がオールインワンジェルに変えた理由

単純に「化粧水+乳液」という今までの工程が、とても面倒に感じてきたからです。

シェービングと洗顔だけでも面倒なのに、そこにプラスで2つの工程というのは、なかなか煩わしいものでした。しかも朝晩。「そんなのは気にならない」という人はいいですが、僕の性格上や、今受験生ということで、そのわずかな時間がストレスになるんですね。

なので、オールインワンジェルを初めて使用した時は感動しました。「たったこれだけでいいのか!」と。

まとめ

「美容こそ我が人生!」「オールインワンはあかん」「スキンケアにはこだわりたい」という人でなければ、オールインワンジェルはかなりおすすめできます。

それにしても、美容は奥が深いですね。まさに沼。