メンタルヘルス

[体験談]当たり前だけど就寝前にやると眠れなくなること3つ

どうも!きゃべつです。

健康で楽しい人生を送るにあたって、睡眠はとても大切ですね。

僕はメンタルを病んでいた時期、睡眠に悩まされていました。「23時に眠ろう!」と決めても眠れず、結局遅くまで起きてしまって翌日の昼くらいに起きる、なんていう生活をしていました。

今では基本的には健康的な生活ができています。しかし、時々以前のように全く眠れないときがあり、結構つらい思いをしました。

考えてみたところ原因がわかったので、この記事では

  • 僕が経験して分かった、夜にやってしまうと眠れなくなること

を紹介します。どれもすでに散々言われていることですので、僕の体験談を主に書いていきます。

カフェインを摂取する

これは本当に眠れなくなります。

僕はある日の夜、素晴らしく健康的なことに、23時くらいにベットに入りました。しかし、30分経っても眠れず、そしてそのまま2時間弱経過してしまいました。

「運動は十分したし、外出もした。なんでだろう…」

思い返してみると、この日の夕食に家族と寿司屋に行った際、カテキン茶の粉をめちゃくちゃ大量に入れて飲んでいました。(アホ)

『カフェインを摂取すると目が覚める』とはよく言われていますけど、まさかここまでとは思っていませんでした。

スマホから等から発される明るい光を見る

これも当たり前のことですけど、さらに言うと、そのデバイスから得るコンテンツによっても寝つきが変わってきます。

例えば、同じバックライト搭載のスマホでも、ほんわかした小説を読んでいる場合と、ドンシャリの高難易度リズムゲームをやっている場合。どちらの方がその後の寝つきが良いと言えるでしょうか。だいたいの人が小説をあげると思います。

僕は以前、こんな記事を書きました。↓

受験生が久しぶりにニンテンドーSwitchで遊んだら感動した話

その後、寝る直前まで明るい画面で『スマブラSP』をやっていたので、寝つきはひどいものでした。脳が興奮していて眠れないんですね。

「寝る前はどうしてもデジタルデバイスを触りたい!」という若干中毒気味の人は、閲覧するコンテンツに気を払ってみるとよいかもしれません。

考え事をする

これは意外とやってしまいがちなことで、しかも結構悪質です。

僕はよく、ベットに入ってから 「今日は何をやったっけ」「明日はどんな予定が入ってたかな」など考えるのですが、たったこれだけの思考が睡眠の大きな妨げになってしまうんですね。

スムーズに思考がまとまる場合は良いのですが、考えがどんどん展開していくと非常やっかいです。特に、その日やりのこしたことがある時は最悪です。

「今日はこれをやるつもりだったけど、できなかったなぁ」→「明日やればいいか」→「でも明日の負担が増えちゃうなぁ」→「そもそも明日の予定はなんだっけ」→「うーん…」なんてふうに、どんどん思考にハマっていき、かといって寝る前の頭でうまい解決策が導き出されるわけもなく、そのまま脳が覚醒していき眠れないことに対するフラストレーションが溜まっていきます。

まあ、これは僕が完璧主義的なところがあるからかもしれませんが。

この問題の解決策としては、

  • 寝る前までに全てを完璧に終わらせておく

ということですね。

メモっておいたり、頑張って思考を放棄しようとしたりしましたが、うまくいかず。結局これしかありませんでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

夜眠れないのは、とてもつらいですよね。この記事が何かしらの参考になればと思います。

参考:元ひきこもりが語る[健康にはやっぱり睡眠食事運動が大切]