何かの役に立つかもしれない雑記サイト

  1. ブログ運営お役立ち
  2. 36 view

[ブログ運営]定期的に過去記事の見直しやリライトをしよう/メリットだらけ

どうも!きゃべつです。

趣味と勉強の両立って難しいですね。

そこに人間関係も加わってきて、、、

さて、この記事ではタイトルにもあるように、

  • 見直しするとメリット多いからするのおすすめ!

っていう記事です。

自分の成長をありありと実感できる

過去に書いた記事を見返すとすぐにわかることですが、

  • 文章の質
  • 構成
  • 装飾(画像や文字など)

といった、たくさんの要素が今と違うことがはっきりとわかります。

僕は今ブログ運営を初めて5ヶ月目で、50ほど記事がありますが、

初期の頃に書いたものを見てみると、しみじみします。

成長したなぁって。

目に見えることだけでなく、

  • タイピングの速さ
  • 思考力

も進化してますね。

新しい気づきがある

成長した自分で過去の自分(記事)を見返すことで、新しい発見があります。

  • 内部リンク設定
  • 文字の装飾、画像などのデザイン
  • あらためて見ると不要に思える内容
  • 内容の薄い文章

これらの表面的なことだけでなく、僕は「アウトプット疲れ」という

自らの精神的影響も発見しました。

ブログ執筆などの、自分から何かを出すことばかりして、

ゲームや読書の、何かを取り入れるインプットをおろそかにすると、

ストレスがめちゃくちゃ蓄積します。

その状態だと、何事に対してもイラついてしまったり、破壊的になったりと

良いことが全くありません。

https://cabbageblog.com/not-good-too-busy/

振り返ることで、自分で思っている以上の発見があります。

集客&SEO効果

「過去に書いた記事の内容は良いけど、文章に魅力が無いために読まれない」

というのはあるあるですね。

「成長した自分」で「過去の自分」を手直ししてあげることで、

読者を惹きつける、さらに良い記事にぐぐっと引き上がります。

そして、SEOの観点においても同じことが言えます。

僕はSEOには詳しくないですが、

「人間が読みやすいと感じるものは、クローラーやアルゴリズムも納得するだろう」

と思っています。

例えば、

  • strongタグ(太字)の過剰な多用
  • 適当な見出し
  • 下線引きすぎ

は読者として読みづらいですよね。

機械的にも、適切でないHTMLタグの使用はマイナス評価になることくらいはわかります。

ちなみに、これらは僕が過去にやってしまっていたことです。\(^o^)/

まとめ

サイト、ブログ運営は奥が深いです。

「ただ文章を書くだけ」にとどまらず、

  • 収益最適化
  • SEO
  • 集客
  • サイトデザイン

突き詰めると色々あります。

色々できる、しないといけないことが多いが故に疲れることもありますけど、

World WideなWebの中に自分の敷地を持っているというのは、

面白いものです。

関連記事

アーカイブ

PAGE TOP