生き方/考え

「本当の自分」なんかいないと思う

すごく当たり前のことですけど、人生は1回しかないですね。そして僕はいつも「今を生きる」ことを大事にしているのですが、そうは言ってもやはり未来のことを考えるのは大事であると思い、一番近い未来で起こりうるであろう就職活動について数ヶ月間じっくり考えてみました。

「資格をとって、この辺の企業に勤めて、、」

「ESはこうやって書いてSPI試験をやると、」

なんて考えていたら、頭がズキズキしてきて吐き気を催しました。

一度考え始めたら常に考えるようになってしまい、夜も目が覚めて、睡眠不足によりさらに体調は悪くなりました。もう考えるのをやめようと思ってもやめられず。「まあいっか!」「なんとかなるでしょ」と無理やり思い込ませようとしてもできませんでした。

興味や価値観は変わる

僕は大学2年生になったわけですが、友人と話したりいろいろな人と関わる中で、考えや価値観、興味がかなり変わったと実感しています。

自分の生きる道はこれだと信じて疑わなかったITやプログラミングへの興味が薄れたり、以前ほどお金に執着しなくなったり、根拠のない過剰な自信がかなり減ったり(こうして書くとおこがましいというかあまりにも視野が狭すぎですが、自分よりも優秀な人間がたくさんいることを知った)しました。そしてこれらは成長として前向きに捉えています。

そんなにお金が欲しいか?

「7つの習慣」という本がありますよね。僕も中田敦彦さんのYouTubeを見て、そして自分でも書籍を購入して読みました。この本には人間性だったり仕事への取り組み方だったり、確かに役に立つことが書いてあります。しかし、基本的には富をなすことが成功の条件であるかのように語られていて。そして今までの僕はそれを一切疑っていませんでした。

ところが最近思ったのが、たしかにアメリカンドリーム的な要素は魅力的ですが、でも人生は本当にお金なのかと。お金って無いと不幸ですけど、お金だけ追い求めれば人生最高完璧!って訳でもないと僕は強く思っています。

どんなに経済的に優れていても、頭が良くても、優しさや人間性がないような人間にはなりたくないなと。

お金よりも素晴らしい人間関係の方が人生で価値があると僕は考えているので、一対一でじっくりその人と顔を合わせて向き合って話すということは一番と言っていいくらい大事なことであると改めて思います。

いわゆる”学校”は嫌いですが、そういうところで人間とは何か、というのを学ぶのだなぁと。僕は小中と”普通の”社会経験がなかったので、今になってそこらへんのかけていた部分が分かってきたのかなと思ってます。

MBTIが変わっていた

今まで僕の性格のタイプはENTJと呼ばれるものだったのですが、最近テストし直したところ、INFJに変わっていました。大学生になって本当に色々なことがあり、価値観が変わったと自分で思っています。「16personalities」というサイトを使っていますが、詳細な信憑性に関しては把握していませんのでご了承ください。

今まであんなに興味があった社会的成功を収めることにそれほど興味がなくなったし、お金を稼ぎまくりたいだとか、何かでトップになりたいといった気持ちがかなり減りました。それよりも自分の価値観に沿った自分なりの人生を追い求めたいというか、自己表現したいというか。超不定期更新のこのブログも、僕の創造的行為の一つであり、一人部屋にこもって文章を書くことで、思考が整理されるとともに心が落ち着きます。もはやなくてはならないです。

他にも、「自分の性格の型(MBTI)はこれだ!」と思っているとそれにとらわれてしまうというか、本当は新しいことに挑戦するべき時なのかもしれないのに性格タイプに合わないからやめておこうといったように、自分の可能性を潰すことにもなってしまうのではないかと思いました。

とても恥ずかしい話ですが、僕はENTJであったということを鼻にかけていたというか、この性格タイプは世界に2〜3%しかいないらしいので、「俺すげぇ!」と何もやっていないのに調子に乗っていたんですね。改めて考えてみると視野が狭すぎるし、頭が悪すぎます。

だから、なんでしょうねぇ。性格の型だけに限らず、IQが高いとか低いとか、学校の成績が良いとか悪いとかどうでもよくね?って最近思ってます。なんでもかんでも数字で区分するってそんなに必要なんですかね。

地球、社会には自分と同じ人間は絶対にいないわけで、個性があってそれぞれ違う考えをしていて、だからこそ面白いしめっちゃ面倒なわけです。

僕は富を築き上げるなんて全くしていませんが、人間関係に恵まれているなぁと思っているので、既に人生成功していると言っても良いのかもしれません。

なんかここまで全くエキサイティングでもなんでもなく当たり前のことしか書いていないですが、そういう当たり前のことこそ人生であり、幸せであるのかなと。20歳になってようやく気がつきました。

テンプレ万歳

「逆張り」って言葉はもともとは投資用語らしいですが、僕はまさに社会に逆張ってきたと言えます。

小学中学と学校に行かず(これに関しては明らかに周囲が悪かったと未だに思っていますが)、大学に入ってからも周りと同じようなことを避けてきました。

大学1年のころの僕の髪型は尖っていたというか、男のテンプレヘアスタイルの一つであるいわゆる「ゆるふわマッシュ男子」みたいなのは目の敵にしていて、すごく短髪の時期がありました。

ですが今の僕はよくあるテンプレの髪型(ゆるふわマッシュではない笑)をしています。小難しいことを考えなくていいので、楽です。

プロフィールに書いていますが、このブログを始めた理由の一つとして「アルバイトをせずにお金を稼ぐ」ということがありました。そしてこれも人と違っていることに価値を置いていたというか、逆張っていたというか。

最近嫌われる勇気を読み返してハッとしたのですが、ようは僕には「普通であることの勇気」がなかったのだということに気がつきました。

そしてそれを知って、どんな自分も自分であって人と同じか違うかではなく自分は自分である、ということを再認識したらなんか人生が楽になりました。

その一環で、テンプレは楽なのでめっちゃ良い、ということです。もちろん自分の軸を譲ることはせず、こだわるところはこだわります。しかし、どうでもいいことや細かなことで下手に肩肘はらずに、良いとされているものには乗っかっておいた方が楽して人生うまくいくね、ということです。

なんかめっちゃつまんねぇこと書いてんなと自分で思いましたが、まあいいです(笑)

人生やってみないとわからない

「やってみないとわからない」

だけ言うとアホっぽく聞こえますが、もちろん全てがやってみないとわからないわけではないです。ある程度予測はできます。例えば、話したことがない人でも外見からどのような性格をしているのかは多少判断できます。男性女性問わず、見た目に無頓着な人であれば人の目を気にしない性格なんだな、とか、ファッションや髪型がきっちり決まっている人であればしっかりしている人(あるいは外見ばかり飾っている中身のない人)なんだな、といったように。

ですが、その人の本当のところはじっくり話してみないとまるでわからないようにやってみないとわからない、本質はつかめないというのが人生ですよね。

そして生きていれば楽しいこともあれば嫌なこともあります。本当に普通のことしか言っていないですね。でも人生ってそんなもんじゃないですか。

そして、”本当の自分”なんてのはいないと僕は思っています。

これはだから人生に絶望しようとかそういうことが言いたいのではなく、全てが本当であるし自分だろ、ということです。

全てがめっちゃうまく行っていて最高すぎる自分も本当の自分だし、何もかも最悪で人生オワタってなっているときも本当の自分で。

よく自分探しにインドに行く人がいますが、僕に言わせれば「本当の自分はもうここにインド!(いるぞ!)」

爆笑厳選超究極面白だじゃれ[50音順]教養深くて面白くてだじゃれ。好きですか? 僕は大好きです。 連発していると空気が凍るのにも慣れるので、メンタルトレーニングになるおまけつ...

なんつって。ちなみにこれは自分で考え出し、そのことに誇りを持っている()のですが、なんか既に存在してそうですね。

、、、嘘偽りなく全てが自分の人生なわけです。

ここでようやくタイトル回収しましたが。

そして、どんなに困難な問題でも考え続ければ必ず答えは出ると僕は思ってます。「答えなんかなかった!」というのも答えです。自分で納得すればそれでいいんじゃないでしょうか。

人生一回しかないんだからやりたいことをやったらいいと思います。そして毎日不安で当たり前だと思います。それは人生に真剣に挑戦している証なので。無理に自信も持たなくていいと思います。自分が居心地良く生きていられるなら最高じゃないですか。

つらいときはつらいし、できないものはできないし、嫌なものは嫌である。

楽しいものは楽しいし、気持ちのよいものは気持ちが良いし。

そんなに思い詰めないで人生楽しんだら勝ちだよねってことが最近の僕が思っていることです。

きゃべつ
日々思ったことをエッセイとして書いています。 2002年生まれ。男性。HSS型HSPらしいです。文系学部の大学2年生。 詳細はアイコンよりどうぞd( ̄  ̄) 音楽を作ってYouTubeに投稿もしています。
\ Follow me /

記事へのコメントはTwitterやお問合せフォームからお願いします

↓よろしければご支援お願いいたします(Amazonギフト券)↓

https://cabbageblog.com/support-arigato/