何かの役に立つかもしれない雑記サイト

  1. ライフハック
  2. 1 view

スタンディングデスクを1年使ってわかったメリットデメリットとおすすめの作業方法

どうも!きゃべつです。

“立って使う机”「スタンディングデスク」ありますよね。

「座っていると寿命が縮まる」「立っていると能率アップ」と色々なことが言われていますが、「やってみないと分からん」と僕がスタンディングデスクを使用し始めてから1年ほど経過したので、体感したことをまとめます。

メリット

1. すぐに作業に取り掛かることができる

椅子と机で作業をする場合、

  1. 椅子を引く
  2. 座る
  3. 机に向かう

といったことをしますが、スタンディングデスクの場合は

  1. 机に向かう

というたったのワンステップで作業に入ることができます。これはかなりのメリットだと思います。

2. 省スペース

椅子が不要なので、当たり前ですがその分場所をとりません。

デメリット

1. 疲れる

立っているので、疲れます。「頭はまだ動くのに体が疲れてやる気がおきない」という、よろしくない現象がたびたび発生します。

立っていることで体幹の強化、姿勢矯正の効果が期待できますが、「集中して作業をする」という本来の目的から外れてしまう恐れがあります。

2.実は健康に悪いかもしれない

ずっと同じ姿勢」でいるのが体に悪いのであって、スタンディングデスクでも何時間もずっと同じポーズでいると、体に悪影響です。

今の僕がとっている作業スタイル

今まではスタンディングデスクオンリーでしたが、今では椅子も併用して使っています。高さ調節できるデスクとチェアを使うことで、立って作業したいときも座って作業したいとき、全てに対応できる環境が整います。

まとめ

適度に体を動かせば、「机と椅子」「スタンディングデスク」のどちらを選択してもそれぞれの特徴を活かして最高のパフォーマンスで作業できると思います。

どちらも良いものなので、色々試してみて、一番しっくりくる方法をとるのがおすすめです。

ライフハックの最近記事

  1. AppleWatchは便利だけどストレスが溜まる[メリットとデメリット]

  2. パソコンのキーボードはUSとJISのどっちがいいのか[結局個人の好み]

  3. 本当に欲しいものだけ買ったほうが幸せになれる[物が多いとストレス溜まる]

  4. メルカリを使って47万円稼いだ僕が思うメリットとデメリットを話すよ[結構ストレス溜まる]

  5. [JR/湘南新宿ライン]グリーン券を車内で買う方法(事前に買わないで乗る方法)

関連記事

アーカイブ

PAGE TOP