エンタメ

ツイッターやブログの更新情報を自動取得できるRSSを画像付きで簡単に説明

どうも!きゃべつです。

「お気に入りブログの記事が更新されたら

読みたいが、

自分でブログにアクセスして確認するのは面倒」

ってことありますよね。

また、

「Twitterのつぶやきは確認したいが

Twitterアカウントは作りたくない」

といった僕のような人もいると思います。

この記事では

そんな願いをかなえてくれる

「RSS」

と呼ばれるものを使い、

スマホでもPCでも

自動でページの更新を確認できる方法を紹介します。

RSSとは

RSS(バージョンによってRich Site Summary[注釈 1], RDF Site Summary[注釈 2], Really Simple Syndication[注釈 3])は、ニュースやブログなど各種のウェブサイトの更新情報を配信するための文書フォーマットの総称である。

引用元:Wikipedia

難しいですね。/(^o^)\

簡単に言うと

webページの更新を知らせてくれる技術

のことです。

ですが、

RSSだけでは

ごちゃごちゃしたテキストが出来上がるだけです。

そこで「RSSリーダー

と呼ばれるソフトウェアを使うことにより、

キレイにフォームを整えてくれます。

Step 1

RSSリーダーに読み込ませる(登録する)

為の専用のURLを取得します。

TwitterとWebサイトで手順が違います。

Webサイトの場合

RSSリーダーに登録したい

Webページのトップページ

にアクセスします。

トップページのURLをコピーします。

こちらのサイト

の中央にある検索フォームに

先程コピーしたURLを貼り付け

画像引用元:BeRSS

検索します。

画像引用元:BeRSS

検索して出てきたURLをコピーします。

Step 1は完了です!

 

ちなみに僕のブログでは

フッター(サイト一番下)

にRSS用URLを載せています。

Twitterの場合

RSSを取得したい

Twitterユーザーの

ユーザーネーム(@○○○○○~)

を取得(コピー)します。

こちらのサイト

TwitRSS.me

にアクセスし、

中央にある検索フォームに

先程コピーしたユーザーネームを貼り付けます。

画像引用元:TwitRSS.me

「Fetch RSS」

を押すと、

テキストだらけのページに飛ぶので、

そのページのURLを取得(コピー)

します。

Step 2

先程取得した

「RSS用URL」

を「RSSリーダー」

と呼ばれるソフトウェアに

登録します。

「RSSリーダー」

はいろいろありますが、

ここでは

Feedly

を使います。

Web更新情報

または

Twitterのつぶやきを

ブラウザから閲覧したい場合は

Feedlyにアクセスします。

スマートフォンから閲覧したい場合は

お使いのスマホのアプリストアで

「Feedly」を検索しインストールします。

何かしらのアカウントでログイン(登録)します。

画像引用元:Feedly

ログインしたら、

「ADD contents」

のような項目があるので選択します。

検索ボックスが現れるので

Step 1で取得した

RSS用URLを貼り付け検索します。

すると

見たいWebページやTwitterコンテンツが

表示されるので

追加します。

これで完了です!

これからは

Feedlyがページの更新情報を

自動で取得してくれるので、

Feedlyにアクセスすることで

お気に入りブログ/Twitterつぶやきの

最新情報を確認できます。

まとめ

  1. RSS用URLの取得
  2. RSSリーダーに登録

いかかでしたでしょうか。

この方法を使うことで、

世の中の情報を効率よく集めることができます。

また、

Twitterアカウントを作らないことで

ストレスも削減できるので

僕は好みの方法です。