ライフハック

パソコンのキーボードはUSとJISのどっちがいいのか[結局個人の好み]

どうも!きゃべつです。

世界には言語が数千ほどあると言われていますが、それと同じく、パソコンのキーボードにも日本語、英語、中国語、と色々あります。

だいたいの日本人は日本語キーボード(JIS規格)を使っているんじゃないかと思います。キーに「かな」が付いているものですね。

そんなキーボードの中でも、人気があるのが「英語(アメリカ,US)」キーボードで、ネット上では「USこそ至高!」「いやいや、JISでしょ!」と熱い討論が繰り広げられています。

それに乗っかって僕も記事を書きました( ̄∇ ̄)結論を言うと、タイトルにもある通り「好きなものを使おう!」って感じです。

USキーボードの僕が好きなところ

僕はUSキーボード派で、このブログを執筆する時も使っています。そんな僕のお気に入りポイントを紹介!

デザインがとても良い

何がいいかって、やっぱりデザインです。

画像引用元:Apple公式サイト

これはiMacのキーボードですが、シンプルでスタイリッシュですね。文字キーに、当たり前ですがアルファベットしかないため引き締まった印象です。

やっぱり使う物のデザインは重要なので、この点が一番評価できます。

キーが押しやすい

エンターキー(リターンキー)がJISに比べて横に長いので、ホームポジションを崩さず押すことができるんですね。変換確定でエンターキーを多用する日本語入力にとって、これはかなりのメリットです。

そして、スペースキーの長さも良いです。僕は文字変換にスペースキーを使う派なので、USキーボードのこれだと、どこに親指があっても確実に押すことができます。

さらに、バックスペース(デリート)キーもJISのものに比べて横に長いので、これまたホームポジションをほぼ崩すことなく使えます。また、シフトキーも長いです。

つまり、USキーボードだとホームポジションを常に保ったまま高速なタイピングが可能なんですね!

キー配列が合理的

[ ] { } :; ‘ “ のようなキーが同じキーに設置されていたり、近くに配置してあるので位置を覚えやすく、使いやすいんですね。JISキーボードではバラバラになっています。

そして、USキーボードは、一つのキーに割り振られている記号(文字)が2つまでしかありません。これがわかりやすくて良いです。「キー下のものはそのまま、上のはshiftを押しながら入力」と。JISだと一つのキーに3つ以上当てられているキーがあり、わかりづらいです。

USキーボードのデメリット

かな入力不可、人によってはエンターキーが押しづらい、等ありますが、僕は全くデメリットを感じていません。

まとめ

USキーボードに興味を持っている方、とりあえず使ってみるのがおすすめです。そして、USもJISもどちらも良いところはあるので、それぞれ好きなものを使うのが最高ですね!僕はUSキーボードに落ち着いています。