ブログ運営

ブログのために有料画像に24000円使った僕が思うメリットとデメリット

どうも!きゃべつです。

ブログ運営をするにあたって、画像は重要な要素であると僕は考えます。

特にアイキャッチ画像、それだけでその記事が読まれるのかブラウザバックされるのかが決まる、といっても過言ではないと思います。

なので僕は一時期、有料画像販売サイトであるshutterstockで、24000円を使いました。全然ブログで稼げていないくせに。大赤字。

この記事では、そんな僕が

  • ブログのために有料画像を使うメリットとデメリット

を紹介します。

※僕が契約していたプランは、「一か月10枚3500円」で、それを途中解約したため解約金が上乗せされて24000円になっています。

僕が有料画像を使い始めた理由

ブログ用の画像として、今までは、『ぱくたそ』『Pixabay』の2つのフリー画像サイトと、『欲しい画像の名前 + フリー画像』といったワードで検索し、画像を取得していました。

なぜ有料画像を使うようになったか、それは、フリー画像に不満があったからです。

フリー画像だと、どうしても沢山の人が使うので、自分のサイトの独自性が減少してしまいます。

「オリジナリティを出せる画像はないかなぁ」

そんな時に発見したのが、有料画像販売サイトであるshutterstockです。

他のサイトに「おすすめ」「有料画像を使ってみよう!」ということが書いてあったので、勢いで1年間プランを契約しました。

( ̄▽ ̄)

有料画像を使うメリット

画像はブログの印象を大きく左右する

人間は、相手の第一印象のほとんどを視覚で認知しますよね。

「優しそうな人だな」「可愛いな」「カッコいいな」などなど。実際の性格に関係なく、見た目で人を決め付けてしまうというのは、よくあることと思います。

参考:「性格がいいとモテる」はウソ 外見の重要性をメンタリストDaiGoが解説

それと同様に、ブログでの画像は記事の印象を左右する、とても重要な要素だと僕は思います。

ものすごくしょうもなく中身のない文章だったとしても、アイキャッチ画像が魅力的なものであれば、読まれるかもしれません。

反対に、ものすごく素晴らしい内容が書いてあっても、意味不明な画像を使ってた場合は、それだけで読まれなくなる可能性もあります。

フリー画像などの、いろいろなところで使われていて『既視感』があるものだと、読まれなくなるリスクがあるのでは、と考えます。

時間の節約になる

これはかなりのメリットです。

僕は今まで欲しい画像を取得するとき、

  1. ぱくたそを見る
  2. なければ、pixabayを見る
  3. それでもなければ、『欲しい画像の名前 + フリー画像』で検索

の3ステップを踏んでいたのですが、これがなかなかに時間がかかる作業でした。

一つの画像を探すだけなのに、30分程かかってしまったこともあります。そして、なんとかして見つけたものの、大して満足のいくクオリティのものではなかったりして。

その点、有料画像では「ほしい!」と思った画像のイメージワードで検索すると、ほぼ100%ヒットします。

画像のクオリティが高い

求めている画像がほぼ100%見つかるだけでなく、当たり前なことですが、有料画像は基本的に良くできています。

参考までに、僕はshutterstockでこんなものを購入してみました。

デメリット

これはもうただ一つ、『お金がかかる』ということです。

僕が契約していたshutterstockのプランでは、月額3500円で10枚、画像一点に350円かかっています。

※24000になったのは、途中で解約したため。

今思えば、やめてよかったと思ってます。

このまま払い続けていたら、とてつもない赤字になっていたはずです。

まとめ

勿体無いことをしてしまったと思っていますが、有料画像の良さを経験できたので良しとします。

お金に余裕がある人は、有料画像を使うことを考えてみてはいかがでしょうか。僕のように適当に使うのではなく、じっくり検討の上であれば、良い選択肢だと思います。

ちなみに僕はいま、canvaという無料で画像を簡単に作成できるサイトで、アイキャッチ画像などを作っています。もっと早く知りたかった…