生活と人生

元オタファッション男が語る「自信を持つには服装を変えるのが手っ取り早い」

どうも!きゃべつです。

引きこもっていたときの僕は、

自分に自信が全くと言っていいほどありませんでした。

その理由を今考えると、

  • 太っていた
  • 服装がダサい
  • 髪型がダサい

と、大体がビジュアルの問題だったりします。

「自分に自信がない!!」という人に僕がイチオシするのは

「筋トレ」なのですが、

筋トレ歴5か月の高校生が筋トレの最強さについて語るどうも!きゃべつです。 人生、落ち込んだり、イライラしたり、 毎日をハッピーに暮らすのはなかなか難しいですよね。 なんかわからんけ...

それに加えて「ファッション」

を少しでも見直してみると、

かなりの自信が持てます。

僕自身、「めっちゃオシャレ」でも「イケメン」でも

なんでもない、そこら辺にいるただの男子高校生ですが、

引きこもっていた時の

「秋葉原の専門家の方々の服装」と比べると

明らかに良くなり

自分に自信が持て、人生が楽しくなりました。

この記事ではそんな僕が思う

「ファッションの重要性」と「脱オタファッションの方法」

について書きます。

見た目は圧倒的に大切

「人間中身が大切~~~」

とかどうとか言ってても、ビジュアルはとても大切です。

もちろん中身もですが、

中身が良いのに見た目に力を入れていない人は損をしている

と僕は思います。

色々なところでまとめられていますが、

僕自身、

見た目を良くすることの効果を実感しているので、

とても共感できます。

美人やイケてる人がいると、つい見てしまいません?

逆に汚らしい人は見たくないですよね?

また、見た目だけで「優しそう」「怖そう」

と決めつけたりすること、ありますよね。

女優男優ジャニーズアイドルモデルといった職業がありますし。

そういうことだと思います。

僕はなぜ変わったのか

ここで、僕が脱オタクファッションをした話を

サッと紹介します。

僕は、自分に自信をつけるため

まずは痩せました。

不登校引きこもりデブのダイエット体験記どうも!きゃべつです。 僕は学校に行っていなかったころ、 めちゃくちゃ太っていました。 それはそれはもう。面白いくらいに。/(^o^)...

ただ、痩せたのはいいのですが、

なんか違う」わけです。

そこで僕はようやく気が付きました。/(^o^)\

「服装に問題がある」と。

良く考えると、

服は、ユニクロで「良い」と思った

色だけで選んでいました。これは致命的です。

「とにかく色を取り入れまくればおしゃれ」と。

/(^o^)\

そこから、

お洒落な人と自分を比べてみたり、

調べて勉強して実践していく中で、

色々と分かってきました。

僕からのアドバイス

「ファッションのコツ」「着こなし方」

「モテファッション」「今年のトレンド」

などなど、たくさんのコンテンツが

美容業界には溢れていますが、

僕は全て理解できていません。

が、

そんな僕でも言えるアドバイスとしては、

  • 自分の体にフィットしたサイズにする
  • 色は モノトーン + 一色

です。

まずはこれ実践するだけでも、

「オタクファッション」からは脱せます。

ユニクロのオンラインショップでも何でも良いので、

まずはこの二つのポイントを意識するだけで

かなり変わってくると思います。

まとめ

色々と紹介してきました。

PCの自作方法なども、調べて学習することで

できるようになりますよね?

それと同じで、

「ファッションも勉強」です。

最初のうちは難しいかと思いますが、

調べたり、実際にやっているうちに分かってきます。

自分に自信のある人生は、とても楽しいですよ!!

僕もまだまだなので、

さらに「納得できる自分」になれるよう、

日々精進です(/・ω・)/

元引きこもり、久々にショッピングモールへ行き感動する。どうも!きゃべつです。 僕には家に引きこもっていた時期があり、当時は すべての物をネット通販(主にAmazon)で買っていました。 ...